留学後の進路

イタリア留学の目的は様々だと思いますが、いずれにせよ何か目的があって留学するのだと思います。
では、実際に留学を開始した後どのような進路があるか、以下にいくつか例を挙げてみます。

専門学校留学

デザインやグルメなど、イタリアには日本人にもおなじみの魅力がいっぱいです。それらを本場で学ぶことによって、より卓越した技術を身につけようというのが専門学校の目的です。

しかし注意して下さい。イタリアでの授業は当然イタリア語です。イタリア後をある程度理解していない状態では全く意味がないことになってしまう可能性もありますので、イタリア語をある程度理解している状態で受講するようにして下さい。

就職(キャリアアップ)

実務をこなせるだけのイタリア語を習得した場合、以下のような就職方法があります。

【事務】
イタリア語で事務作業をこなすには、かなりの語学力が必要となります。ビジネスで使う言葉と日常で使う言葉は全く異なりますので、意識的にビジネス向けのイタリア語を習得しておかなければなりません。

【通訳・翻訳】
収入面では期待できる職業ですが、かなりシビアな一面もあります。一度でもミスをしてしまうと仕事をもらえなくなるという話もありますので、かなり深くイタリア語を習得しておく必要があります。

【デザイナー】
語学力よりも何よりもデザイナーとしての創造力、デザイン能力が必要となります。いくら会話できても作品が認められないと意味がありません。その上である程度の会話ができることが必要となります。



Copyright (C) イタリア留学ナビ. All Rights Reserved.